• 自然葬を希望する前に知っておきたいこと

    • ご自分が亡くなった後、お墓ではなく山や海に骨を撒いて欲しい、そんな希望をお持ちの方が増えています。



      自然葬と言われるものですが、日本ではまだまだ認知度も低く、実施するに当たっても何処にでもというわけにはいきません。



      家社会のあり方自体が変わってきている昨今、夫の実家の墓には入りたくない、そもそも墓に入るのが嫌だという声も多く聞かれます。


      山登りが好きだったから山に、故郷の海に骨を撒いて欲しいと希望は様々です。自然葬を希望する前に知っておかなくてはいけないことが幾つかあります。死後の葬儀や埋葬はお子さんや配偶者など、遺族の手によって行われますので、まず生前にきちんと希望を伝えておくことが肝心です。

      従来の、お墓に入って当然と言う考え方などから反対を受ける場合もあります。



      その場合には分骨といって、遺骨の一部だけを自然葬にする方法もあります。



      山林などは特に個人の私有地である場合が多く、幾ら春には桜が沢山咲いて綺麗だからと、勝手に入って骨を撒くと、トラブルになります。

      実際、所有者からすれば、私有地に他人の遺骨を撒かれるのはいい気がしません。もしも山林の所有者の方に話を通せるのであれば、やはり予めお願いをして散骨する場所も決めておきましょう。

      自然葬はドラマや映画にもよく登場しますし、芸能人の方がされていることでも興味を持たれた方は多いでしょう。



      しかし、本来のあり方と違うということは、どんな分野でもそうですが明確なルールがまだはっきりとしていないことが多いのです。



      そのためにはしっかりと下調べをすることが大切です。

  • 関連リンク

    • 自然葬を望む人が増えている

      歳を重ねると気になってくることのひとつに、お墓と挙げる人も多くいるのではないでしょうか。自分が亡くなった後のことをいろいろと考えて、しっかり対策をしておく人が最近増えてきています。...

    • 自然葬が注目される理由とは

      歳を重ねるにつれて考えてしまうのが、最期の事でしょうか。最近は土地を買って墓を建てようという考え方より、自然に還りたいという願いのもと、「自然葬」というものが注目されてきております。...