• 自然葬を望む人の背景

    • 最近、高齢の方の間で注目されているのが、自分が亡くなった後のことを考えておく終活です。



      どのような葬儀で見送られたいのか、どこのお墓に誰と一緒に入りたいのかなど、元気なうちに計画しておけば安心という方が積極的に活動しています。



      葬儀では、好きな写真やお気に入りの写真に囲まれて行いたいという希望や使って欲しい写真などを用意しておくようです。



      お墓も様々なタイプがありますが、その中で自然葬を選択する人が増えてきています。

      墓石を用意して入るのではなく、海や山に遺体や遺灰を還すことによって、自然の大きな循環に溶け込んでいく葬送です。



      自然葬は、自然を愛する人が好んで希望する場合も多いのですが、自分の置かれている状況で選んでいる人もいるようです。


      少子化や核家族化が進む中、家系のお墓を管理していく人がいなくなってしまう悩みを抱えている高齢の方が増えているようなのです。



      自分が亡くなった後に、お墓参りをする人や管理・維持をしてくれる人がいない場合、現在所有している所は墓じまいをしてしまい、自分は自然葬や永代供養でと考えるようです。
      お墓は、家族の誰かが継いでいければいいのですが、それが途絶えてしまうという現実問題にぶつかると、家族以外で出来てあとで誰も困らない方法をとる人が必然的に増えるという訳です。



      自分達の両親が入った時点で墓じまいをして、子供がいない夫婦は自分達は自然葬でしてもらえれば、お墓の管理や維持の問題がなくなるのでいいのでしょう。

  • 関連リンク

    • 自然葬が注目される理由とは

      歳を重ねるにつれて考えてしまうのが、最期の事でしょうか。最近は土地を買って墓を建てようという考え方より、自然に還りたいという願いのもと、「自然葬」というものが注目されてきております。...

    • 自然葬を望む人が増えている

      歳を重ねると気になってくることのひとつに、お墓と挙げる人も多くいるのではないでしょうか。自分が亡くなった後のことをいろいろと考えて、しっかり対策をしておく人が最近増えてきています。...