• 自然葬が注目される理由とは

    • 歳を重ねるにつれて考えてしまうのが、最期の事でしょうか。


      最近は土地を買って墓を建てようという考え方より、自然に還りたいという願いのもと、「自然葬」というものが注目されてきております。
      人気になる理由の一つに、費用が土地を購入して墓を建てるという行為よりも破格に安いという事も挙げられるでしょう。



      他にも、お墓を持つという事は、管理も必要になってしまうわけでしたが、「自然葬」を選ぶ事によりそれが解消されるという利点もございます。



      今は海外へ飛行機を利用して簡単に行き来できるようになりましたので、「生涯人生を日本でなく海外で」と考える人達も増えております。そういった時は、どうしてもお墓の管理も充分にできない事が多いので、それゆえ「自然葬」を選ぶ人も多くなってきております。
      「自然葬」のタイプには、散骨という骨を海に撒くようなものと、人工物を使わない、ただ樹木などの近くに埋める樹木葬というものがあります。



      他にもたくさんの「自然葬」がありますが、代表的なものはそれらになるでしょう。墓を建てるには費用がかかるという事以外にも、人間そのものの考え方がその時代により変わってきている事も挙げられてくるでしょう。


      今の若い人達は、墓は持たなくても気持ちがあれば、何処でも故人を想って拝む事ができると考える人が多くなってきております。



      だからこそ墓をわざわざ作らない、という人も増えてきているのです。



      こういった方向性は感慨深いと思いますが、時代を反映しているのだと思わざるおえません。



  • 関連リンク

    • 自然葬を希望する前に知っておきたいこと

      ご自分が亡くなった後、お墓ではなく山や海に骨を撒いて欲しい、そんな希望をお持ちの方が増えています。自然葬と言われるものですが、日本ではまだまだ認知度も低く、実施するに当たっても何処にでもというわけにはいきません。...

    • 自然葬を望む人が増えている

      歳を重ねると気になってくることのひとつに、お墓と挙げる人も多くいるのではないでしょうか。自分が亡くなった後のことをいろいろと考えて、しっかり対策をしておく人が最近増えてきています。...