• 自然葬についての知識

    • 自然葬とは最近注目されている埋葬方法です。
      山や海などに散骨し、故人を自然に還すという方法になります。



      また、樹木葬という方法もあります。自然葬が注目されるようになったのは少子化の流れの中代々受け継ぐ形式のお墓ではなくほかの埋葬形態を選びたいという流れが増してきました。
      また、お墓をたてる必要がないために安価に済むというのが自然葬が選ばれる理由ともなります。

      東京の納骨堂の情報検索をお役立てください。

      散骨の方法には船舶で海に散骨、ヘリコプターで上空から海への散骨、山や森へ散骨などがあります。

      また、費用に関しては業者への委託散骨が50000円〜、複数の遺族による合同散骨が100000円〜、一隻の船を一組の遺族がチャーターする個人散骨が250000円〜などが相場になります。

      東京の納骨堂の様々な相談を受けることができます。

      ただし、どこにでも散骨してよいわけではありません。
      他人の私有地への散骨、自宅での散骨もしてはいけません。

      http://www.nikkei.com/article/DGKKZO14458230U7A320C1TCJ000/

      散骨する場合は遺骨を2mmから5mmにしないといけません。

      やはり、これを個人の力で行うのは困難でありますので請け負っている業者にお願いするのがよいでしょう。


      次に、樹木葬についてです。

      https://okwave.jp/qa/q5232715.htmlについて正しい知識を持つこと重要です。

      墓地として認可されたところに埋葬する方法です。墓石はつくらず、植林や花木などを墓標とします。区画を買い取る形になります。

      墓石をつくっての埋葬よりは安価で相場は100000円〜800000円といわれます。

      最近は樹木葬も人気で寺院や霊園のみならず地方自治体管理の樹木葬も行われています。
      地方自治体管理のものは安価で安心感を感じることから募集は高倍率で抽選になる場合もあります。

      https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9084457.html

  • 関連リンク

    • 自然葬を望む人の背景

      最近、高齢の方の間で注目されているのが、自分が亡くなった後のことを考えておく終活です。どのような葬儀で見送られたいのか、どこのお墓に誰と一緒に入りたいのかなど、元気なうちに計画しておけば安心という方が積極的に活動しています。...

    • 自然葬を希望する前に知っておきたいこと

      ご自分が亡くなった後、お墓ではなく山や海に骨を撒いて欲しい、そんな希望をお持ちの方が増えています。自然葬と言われるものですが、日本ではまだまだ認知度も低く、実施するに当たっても何処にでもというわけにはいきません。...